将棋ファンの聖地となっています。

千駄ヶ谷は、とても静かな街です。首都高速道路の南側に入ると、都心の街とは思えない静寂さを感じます。いくつかオフィスビルもありますが、マンションの方が圧倒的に多いです。千駄ヶ谷の住人は、食材などの買い物は渋谷や青山のスーパーで済ませていると思います。

千駄ヶ谷には、国立能楽堂があり、能舞台や狂言の舞台の催しものが頻繁に開催されています。能舞台というのは、とても静寂で、味わいのある舞台です。

また、千駄ヶ谷には、日本将棋連盟の将棋会館もあり、将棋ファンの聖地となっています。タイトル戦が実施されているときは、この将棋会館でも大盤解説会が開催されており、仕事帰りの将棋ファンが詰めかけます。

千駄ヶ谷のイメージは、品格と静寂と言ってよいと思います。

便のよい住宅街でのんびり暮らす

京浜東北線の西川口駅の仲介手数料無料マンションに一人暮らしをしていました。

駅の東口からバスで15分くらいと、ちょっと離れたところでしたが、周りが住宅街でしたので比較的静かでのんびりしていてもともと田舎育ちの自分にはとても住みやすく心地よかったです。

西川口駅自体は都心への便もよく、2駅行けば東京都でしたので、都内への通勤には不便を感じませんでした。マンションは4階建てで、部屋は2階でした。隣の一軒家までは少しスペースがあったので、ベランダに出てもあまり圧迫感がありませんでした。

バスの路線が多くバス停も近かったので、西川口駅へも隣の川口駅にも簡単に出られます。近くには大きなショッピングモールもあったので、自転車で気軽によく行きました。

マンションのメリット

私は今賃貸マンションに住んでいます。

賃貸マンションのメリットは何と言ってもオートロックがついていることです。これは私が賃貸物件を決まるときの最低条件でした。あとは一階以外が良くて二階にしました。

また、マンション物件ではオートロックがついている事が多く、住民以外の人が簡単に入れなくて、何かと安心です。そこで、モニターや防犯カメラもついているとセキュリティ対策が万全だと感じられます。

あとはマンションだからか騒音がそんなに気になりません。木造のアパートなどだとどうしても騒音が気になってしまいますが、マンション物件ですと、構造がしっかりしていて、壁の厚さもアパートなどより厚いので、家にいるときは自分の生活音を気にせずに過ごせます。

ベランダも広めで布団も目一杯干せるのがマンションのいいところです。もちろん一戸建てやアパートも干すところがありますが、マンションみたいに屋根があって、覗き見防止の壁がないため、干しているものが周りの人に見られてしまうことが多々あります。今はマンションの二階に住んでいて、ベランダがありますから、夜も窓を開けっ放しで寝れていました。エアコンをつけなくても十分涼しくてエコになりました。

私の住んでいる町田の賃貸物件は周りに沢山お店があるのでとても便利です。歩いてどこへでも行けるし公園も沢山あるので子育てに最適の場所です。